2008年06月22日

あたらしいお店

shop2.jpgとても雰囲気のよいお店になりました。
なので、ブログを新しく始めようと思います。
posted by Lonesomedobro at 16:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Home on the Range


homeontherange
Player Lonesomedobro
楽器 Resophonic guitars(dobro)Weissenborn


Oh, give me a home, where the buffalo roam
Where the deer and the antelope play
Where seldom is heard a discouraging word
And the skies are not cloudy all day.

我が家の周りではバッファローがうろつき
鹿やアンテロープがたわむれる
落胆の言葉は聞かれず
空は一日中雲一つなく晴れ渡る

Chorus
Home, home on the range
Where the deer and the antelope play
Where seldom is heard a discouraging word
And the skies are not cloudy all day.

<コーラス>
峠の我が家よ
鹿やアンテロープがたわむれる
落胆の言葉は聞かれず
空は一日中雲一つなく晴れ渡る


posted by Lonesomedobro at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

When You & I were young Maggie


原題:When You and I Were Young, Maggie(アメリカ民謡)
作曲:James Butterfield
作詞:George Johnson
邦題:マギー若き日の歌を
posted by Lonesomedobro at 08:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

In the sweet by & by

今はつらくて苦しいことばかりだけど、やがてすばらしい日々がやってくることを信じて・・・・
ゴスペルです。

In The Sweet By And By Weissenborn



Traditional
演奏 Lonesomedobro
楽器 Weissenborn
posted by Lonesomedobro at 14:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

アイス珈琲(リキッドタイプ)

DSCF046911.jpg

今日は、今期第3弾目のリキッド珈琲の焙煎をします。
当店のリキッドアイスコーヒーは一度飲むと癖になります。

「なんでや?」
それは、香りが残ってて、のど越しがいいんです。

中の珈琲豆はイタリアンローストに焙煎した「ブルーグラスブレンド」(ワンパック80g使用)を焙煎してから2日以内に飲料メーカーに送り込みます。そのメーカーは京都にあります。

「なんでわざわざ山口から京都に?」
まず、京都は「水」が良いのです。
そしてここのメーカーはすべて手作業なのです。5キロのネルドリップで丁寧に落とします。
紙パックもなんと!8層式のものを使ってるんです。

人気層は特に若い女性です。普通のレギュラー珈琲は買わなくてもこれを買って帰ります。




posted by Lonesomedobro at 08:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

珈琲を美味しくいただくには(その@)

*買うときに豆で買ってください。

粉に挽くと、その時点で珈琲豆のもっている「おいしい香り」の60%が飛んでいきます。豆の鮮度が維持できます。

*手挽きのミルで小まめに挽く。

豆を挽く時に熱をもたないから、酸化しない。手でゆっくり挽くと微粉が出ないので、珈琲の持っている雑味(エグ味)が落ちない。
そして何よりも、挽くときに一番強い珈琲の香りがする。(とても幸せな気分になる。)

今回はこの2点を・・・・
手挽きのミルのオススメはこれ・・・
値段が安いこと(ちょっと値上がりしてるけど)
洗えること(臼がセラミック)
キャニスターとして保存ができること。

こういった感じで書きますね。

やさしい時間-Lonesomedobro





posted by Lonesomedobro at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

珈琲をおいしくいただくには(そのA)

naisukat001.jpgドリップする前に手挽きミルで挽くことは前回お話しましたが、「めんどうだ!」「飲む量が多いので間に合わない」という方、けれど「本間もんの電動ミルでちょっとした飾りの演出もしたい」という方は是非これをオススメします。
個人的にはどの電動ミル(業務用も含めて)よりも豆のために良いとおもいます。(回転が1分間に400回と低速なので微粉があまり出ない。)
少し出費がかさみますが、一生ものです。

http://www.paocoffee.co.jp/mile-1big/naisukut.html

当店でも月に1、2台売れてます。
posted by Lonesomedobro at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jerryの足元とLonesomedobroの足元

856878640_181.jpgDSC00001.JPG共通点があった。
良かった。(笑)


Roland SPACE ECHO R21を装着してる。
左がLonesomedobro  なんとさみしい
右がJerry Douglas  こりゃーすごいわー
posted by Lonesomedobro at 14:01| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

おいしい珈琲をいただくには(そのB)

NANcampaignset.JPG今回は、ドリップの仕方について簡単に
サイフォン、ネルドリップ、プレス、バーコレーター、珈琲メーカーとか色んな方法があります。
がしかし、ご家庭での一番お奨めはハンドドリップです。なぜか?
まず、@装置が簡単、A器具の管理が簡単、B調整が自分なりに工夫できる。C出来上がりの見た目がいい

まずサイフォン、ネルドリップはAが家庭ではできないので、結果的にまずい珈琲を飲むことになりかねない。(管理がちゃんとできれば別)

次にプレス、バーコレーターは珈琲のエキスの抽出には最適ですが、出来上がりがどうしても濁りがあり、微粉のカス等が入る。美的感覚の鋭い日本人には不向き(欧米人は平気)

最後に珈琲メーカー、何ごとも機械任せ、特に浅煎りの豆は雑味エグ味が豆にあるので、それもすべて落としてしまうので、スッキリした味にならない。(そういう我が家では珈琲メーカーの愛好家(笑))
できれば、中深煎り以上の豆とかブレンドを選びましょう。

そして、ハンドドリップはこれをお奨めします。
詳細は次回に・・・・

posted by Lonesomedobro at 09:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

珈琲を美味しくいただくには(そのC)

昨日店を閉めたあと、スポットライトをつけて楽器、PAをセッティングして、弾いて見ました。DSC00008.JPG

昨日のつづきです。


ドリッパー、フィルターの形に注目してください。
今までのものとは違い、下がとんがってますね。
これにより、同じ珈琲の粉でも、お湯の通る距離が倍ぐらいになります。コクのある。すっきりした珈琲を落とすことが出来ます。
是非試してみてください。
VCF-02-40Ms.gif
V60用ペーパーフィルター
みさらし
VCF-02-40M
\189(税込)
1〜4杯用
40枚入り

VD-02Ts.gif
V60透過ドリッパー02クリア
VD-02T
\473(税込)
1〜4杯用

posted by Lonesomedobro at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

モカ

mohchamatari.jpg日本人が一番知っているコーヒー豆、中でも「モカマタリ」はコーヒールンバにも出てきますように、代表的な豆です。イエメン産で独特の香りと風味があり、当店でもストレートの豆では、圧倒的に支持されてます。
おそらく、豆のなかでは一番きつい(酸味、香り、コク、雑味等)豆です。
新鮮な豆で、ちゃんとした入れ方で飲むと、とても美味しいです。

ただ、モカほど欠点豆が多い豆はありません。(半端な量ではないのです。)なので、精神状態が安定しているときに選別をするようにしてます。(笑)

そのモカが現在日本に全く入ってきてないのです。
日本で禁止されてる農薬が一部の豆から少量検出されたらしいのです。
残念です。当店も後10kgしか生豆がありません。どうしよう?


当店の今度のお店は床は無垢材です。なのでピンヒールの方が歩くと跡が付きます。スリッパに履き替えるように入り口にかいてるのですが・・・
DSC00007.JPG
posted by Lonesomedobro at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

忙しい日々

暑くなったので、アイスコーヒーが喫茶もリキッドも豆もブチ出ます。

忙しい(汗)

これでも聴いてください。

ほいじゃー、また



Played Lonesomedobro
posted by Lonesomedobro at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

仕事場

DSC00011.JPG ここが新しい焙煎コーナーで私の唯一の自由になる空間です。前よりは快適ですが、仕切りが無いのです。
ぞばにはいつも楽器がおいてあります。(笑)
これは、珈琲豆を焙煎するときにカス(チャフ)をためるタンクです。自分で設置しました。(ガス屋の同級生に随分てつだってもらいましたが・・・)前は部屋の中に設置してましたので、夏はほこりと熱で大変でした。外に設置したおかげで、焙煎工房らしくなりました。
DSC00012.JPG

posted by Lonesomedobro at 08:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

美味しいアイスコーヒー入れ方

留意点を簡単に
@出来るだけ深く煎った豆を使う(細挽きでよい)
A粉をケチらないで、沢山つかう。(氷で薄まるのを想定して)
B新鮮な豆を使う。(深煎りの豆は劣化が早い)
C良い氷、水を使う(特に氷は・・・水道水だとカルキの味が目立つ)
D一気に冷やす。(珈琲の香りが残るのと味にもしまりがでてくる。)

普通のホット用の豆で落とす場合には、エグ味、雑味が落ちると美味しくないので、注意せねばならない。(ここでは、方法は省略)

「アイスコーヒーは入れるのが面倒だ!」という方は当店のリキッドタイプの珈琲を是非どうぞ !

DSCF04731.jpg
posted by Lonesomedobro at 10:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

布のオブジェ

今朝店の玄関のマットに掃除機をかけようとしたら、変わってた。
ブチええー

DSC00015.JPG


DSC00016.JPG




posted by Lonesomedobro at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

トラジャの★ ビンタントラジャ

当店で取り扱っているインドネシアの豆に新たにビンタントラジャを加えました。
http://www.tonya.co.jp/Salon/country/BintanToraja/

アメリカでも人気の一品です。マンデリンはスマトラ島で収穫されたモノを指し、トラジャはスラウェシ島で収穫されたアラビカを指します。どちらも深く焙煎する事で独特のミルキーフレーバーを有するのが特徴です。
苦味はマンデリン、コクは同じくらい、香りはビンタントラジャがやや勝っている。
当店では他の豆とのバランスからフルシティローストで焙煎してますが、イタリアンローストで焙煎するとこの豆の良さがもっと出るような気がします。



Player Lonesomedobro
posted by Lonesomedobro at 10:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

ケーキセット

今度のお店では、ケーキセットが大好評なのです。
ケーキのメニューは

ガトーショコラ
http://homepage2.nifty.com/fu-ca/index.htm

アップルパイ
http://www.crouton.jp/gurmet/syouwado.html

シホンケーキ
http://g.ub9.jp/detail.php?id=788

このお店に共通してるのは、
@感じの良い御夫婦が経営されてる。
Aとてもこだわりのケーキで地元では人気がある。
Bカフェでは当店の珈琲を使われている。
C美味しい、そして当店の珈琲にとてもよく合う。(当たり前といえば当たり前ですが(笑))

是非、当店にいらして御賞味ください。


アメイジング・グレイス

演奏 Lonesomedobro
posted by Lonesomedobro at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

FISHMAN SPIDER-BRIDGE RESONATOR GUITAR PICKUP

FRGP5.jpg今日は、楽器について、
この間、FISHMAN SPIDER-BRIDGE RESONATOR GUITAR PICKUP FRGP5
を私のドブロギターに装着しました。
昨日、ライブ用のカラオケ(私がワイゼンボーンで伴奏、間奏をしたもの)をMTRで作ったついでに、このPICKUP FRGP5のラインだけのドフロの音をかぶせてみました。興味があれば聴いてみてください。
ヒエゾ特有のプリプリ感はありますが、今までのような嫌味は薄らいでます。(この上のタイトルの下に同曲のマイク取りの音源があります。)
チューニングもあえてオープンGで弾いてます。(ぎこちない)



posted by Lonesomedobro at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

Jerry Douglas の新しいCD

jerry1.jpg
が8月に出るようだ。
前回、前々回とパスしてるだけに、今回はどうしても聴かなくてはと思っている。曲目を見てると「Home Sweet Home 」がある。
できるだけ生(エレキでない)の演奏を期待しているのと、ソロバージョンがあって欲しい。(笑)

ついでにJerry Douglas について御紹介しましょう。

公式サイトは下記です。(詳しいことはこれで)
http://www.jerrydouglas.com/index.cfm

この人ほど、日本でもブルーグラス以外のジャンルで知られ、評価されてるブルーグラスミュージシャン(インストルメンタル)はいないと思います。
正直言って、他のスライドプレイヤーの存在が薄く感じます。

私は彼がまだ19歳の頃からのファンです。当時からすでに他のドブロプレイヤーとは全く奏法が違ってた。

私がワイゼンボーンを好んで演奏し出したのも、彼の影響からです。

TRIBUTE TO PEADAR O DONNELL / / MOVING HEARTS
アイリッシュ独特の哀愁のある曲です。(ドブロバージョン)

Played Lonesomeodobro

posted by Lonesomedobro at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

水出し式珈琲(簡単)

MCP-7Bs.gif
「夏はどうしても朝は冷たいのが良いが、作るのが面倒だ。」という方にお奨めです。(我が家も愛用、今朝も飲んできました。)
50gのアイスコーヒー用の豆の挽いたやつ(細挽き)と水をいれて、一晩冷蔵庫に保管、翌朝それが飲めるというもの。
値段も安いし、簡単で、しかもおいしい。

今当店では、アイスコーヒー用の豆を100gサービス付きで売ってます。



posted by Lonesomedobro at 10:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする