2015年09月05日

カフェカンパニー秋のコンサート

今回のゲストはlyre(竪琴ライヤー)奏者の宇月 彩(うづき あや)さんです。
10月10日(土)午後6時開場
店内は20人で一杯になります。お早目に申込んでください。当日は臨時駐車場も用意しております。
オープニングアクトは当店主のWeissenborn Guitarの演奏です。参加料は1,500円(ドリンク・焼き菓子付)
詳細は店頭にてお聞きください。
posted by Lonesomedobro at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

Killing me softly

今日の早朝にKilling the BluesをFacebookに投稿したら、やたらこのを曲を弾いてみたくなりました。
こんな曲もドブロギターは実によく合います。
特にマイク・オウルドリッヂが弾いてたのは良かったですね。
この曲を聴くと、芳醇な香りのするの珈琲が恋しくなります。(笑)
今朝、焙煎機のぞばで弾いたものです。聴いてみてください。


posted by Lonesomedobro at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

Panhandle Rag ending

Jerry Douglas cover very short ! but very good !
ちょっと短いけれど ( )よく撮れてます。(笑)
You Tubeのサブチャンネル(珈琲小僧)にありました。
posted by Lonesomedobro at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

Look So Good David Lindley

Weissenborn 奏者での第一人者です。この曲が有名です。哀愁のある曲で、彼のレパートリーではめずらしいです。日本人好みの曲です。
今日は、暑い広島に出社です。
彼の.wikipedia
https://ja.wikipedia.org/…/%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%8
posted by Lonesomedobro at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

Blues For Vickie Jerry Douglas cover

This song is the time Jerry Douglas was 19 years old.
この曲をはじめてカバーした時は、私は29歳でした。10歳年上!
ドブロという楽器が、soloで弾くととても味が出ると認識した曲でした。

posted by Lonesomedobro at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

Maggie Blues Comparison of the sound

Maggie Blues
Comparison of the sound Tut Tayror Resophonic Guitar and Appalachian Resonator Guitar
ZOOM A3 Pre-Amp & Effects for Acoustic Guitar
SHURE KSM32 cardioid condenser microphone
AKG C1000S cardioid condenser microphone
ZOOM Q4 Handy Video Recorder
同じ録音環境、同じ時間、同じ精神状態(笑)で撮ってみました。
というのが、マイクの位置が少し違うだけで全く違うサウンドになりますよね。
聴いてみてください。

posted by Lonesomedobro at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

Sheebeg & Sheemore -Weissenborn Guitar-

カメラの角度がカッコいいとコメントをいただいたので、私が気に入ってるのを今回は・・・(こういった手元だけの設置の理由は、@失敗してもすぐに撮り直せる、A爺さんの顔を写さなくて良い、写すとイメージが壊れる、B周りの雑然としたものを見せなくてすむ。)主に@が理由です。
この動画に丁寧にコメントをいただいてます。嬉しいです。英語で載せておきます。(英語理解できない人は翻訳してください(笑))
In this performance, I got a great comment.
I'm so happy !!
Your music is always such a delight to listen to. Your smooth technique is what I aspire to be able to do some day. Please continue sharing your talents and tunes. Thank you.
posted by Lonesomedobro at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

Lill"RoRo" Jerry Douglas Cover

2年前に手製のLap Steel で演奏したものですが、今聴いてみるととても良い音が・・・(今はバラして有りません)
演奏も乗りに乗ってる(笑)
さて、今日は月に一度の大切な会議、この演奏のように性根を入れて参加したいと思います。

posted by Lonesomedobro at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

Bill Cheathum

三年前に録画したものです。録音もバランスもあまり良くありませんが、指さばきとか、カッティング等の参考になればと思います。
こういった録画の方法(カラオケ)は私の本来の意にではないのですが、日本の方は割と理解を示してくれました。(欧米人はあくまでもソロで弾くのに興味を示されます。)
ただ、レッスンプロのJIMMYHEFFERNAN がコメントをしてくれてます。とても嬉しいです。

posted by Lonesomedobro at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

A Tribute To Peador O'donnell /Takarasaka

Clean video
Appalachian Resonator Guitar-Curly Maple Large Body
この頃はちゃんとしたビデオと録音機で撮ってましたね。やはり良いです。
Open E tuning
posted by Lonesomedobro at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする